1997年9月2日(火) ヴェネツィア

水上都市

7時過ぎにヴェネツィア着。
水上都市であるヴェネツィアは運河が張り巡らされており、主な交通手段は船でした。
ヴァポレットと呼ばれる水上バス、有名なゴンドラなど大小様々な船が運河を行き交っていました。

ちなみに、パトカーも船です。

迷路のような街

駅からヴァポレットに乗りユースホステルへ。
列車でほとんど眠れなかったため一眠りしたいところでしたが、まだチェックインはできず荷物を預けて街へ。
とりあえず地図を手に入れるためユースホステルで場所を聞きツーリスト・インフォメーションを目指したのですが、なかなかたどり着けず迷いながらなんとか到着。
地図を見ながら街を散策したのですが、それでも分かりづらい街で、街全体が迷路のようでした。
街並みは非常に美しく、車が走っていないため歩いて回るにはとても楽しい街でした。

ユースホステル

15時半にユースホステルに戻りチェックイン。
部屋には誰もおらず、疲れていたのでこのままベッドに横になると朝になってしまう可能性が大きかったのでふらふらと外に出て近くのスーパーに行き、ビールを買って戻ってきました。
ユースホステル前のベンチでぼーっとビールを飲んでいると玉川大学の学生2人組に話しかけられ、しばらくすると沖縄から来た人と京都から来た長物剛そっくりな人も加わってビールを飲みながら歓談。
そのまま5人でユースホステルの夕飯を食べることにしました。
何を食べたかは日記に記載がないのですが、なかなか美味しく量も多かったようです。
値段(14,000リラ)もそれなりにしましたが、ヨーロッパではまだなんとか食べてもいいかと思える値段でした。
食べ終わるとまた皆でベンチに戻ってビールを買い込み、門限ぎりぎりの23時半まで楽しく話をしてこの日を終えました。

主な出費(1リラ≒0.069円)

ヴァポレット4,500リラ
ユースホステル 24,000リラ
夕食 14,000リラ