1997年8月28日(木) アテネ→ミコノス島

ミコノス島へ

6時半にYちゃんのホテル前に集合し、地下鉄でピレウスへ。
約20分、100ドラクマ。
ピレウス港から出るミコノス島行きの船に7時20分に乗り込みました。
予定時刻ぴったりの8時に出港。
話をしながら周りを眺めたり、Yちゃんからもらった邦楽のカセットテープを聞いたりしているうちにミコノス島に着きました。
13時着。
約5時間の船旅でした。

宿探し

船の中でプラティヤロスという地区に行って宿探しをしようと決めていたので、港にいた客引きに伝えてみると、どこからともなくおばちゃんが寄ってきて、シングルベッド2つとダブルベッド1つの海沿いのホテルはどうだ、と言ってきました。
1部屋25,000ドラクマだということでした。
私にとってはびっくりするような値段でしたが、短期間で回るYちゃん達の金銭感覚に合わせることにしていたので、見に行ってみることに。
着いたところは海沿いの一軒家のような宿で冷蔵庫や簡単なキッチンまで着いていました。
ミコノスタウンまでのバス停やマーケットも近く、3人共すぐに気に入り、ここに泊まることに決めました。

ミコノス島滞在の最終日に撮ったものですが、このようなちょっと変わった面白い宿でした。

ゆったりと過ごす

外にあったテーブルでしばらく寛ぎ、バスでミコノスタウンへ。
なんとか(この部分は当時から読めなかったらしく日記にも「なんとか」と書いてありました。)&ぺぺで昼食。
ものすごく美味しいサンドウィッチなどを食べ、大満足して宿へ。
その後は、宿の前にあるプライベートビーチのようになっている海で泳いだり昼寝をしたり、思い思いの時間を楽しんだのでした。
夕飯は宿の近くのレストランでスブラキミックスを食べ、これも非常に美味しく、ミコノス島の初日を幸せな気分で終えたのでした。

主な出費(1ドラクマ≒0.46円)

地下鉄(アテネからピレウス) 100ドラクマ
宿 3人で25,000ドラクマ